マレーシア移住の費用ふりかえり、節約できるポイントは?

お金、クレジットカード

昨年家族4人で東京からマレーシアに移住してきて1年3ヶ月ほど経過しました。

小さな子連れで、MM2Hで、東京からマレーシアに移住してきた家族の一例としてご紹介しておきます。

移住当時はやることがありすぎてあまり考えずに決めて払ってきましたが、今考えると節約できたポイントも紹介しています。

細かい金額は大雑把に四捨五入し、リンギットで支払った分は28円でざっくり計算しているので概算と思ってください。

最後に表にまとめてあります。

費用

ビザ取得

MM2Hビザを取得しました。

ビザ取得代行業者への支払い

22万円

ビザ申請諸費

パスポート認証、残高証明書発行、犯罪経歴証明書、交通費など 概算3万円

MM2Hビザ発給実費

移民局に払った手数料
わたし RM1,310
妻 RM1,040
長男(6歳) RM590
次男(1歳) RM860
代行手数料 RM100

家族4名合計でRM3,900 概算で11万円

銀行口座開設

開設費 RM250
定期預金口座 RM300,000
→定期預金は払ったといっても自分の銀行口座に入るだけです

概算で841万円

医療保険

MM2Hを取得するための最低限の医療保険に加入。
わたし RM333
妻 RM333
長男(6歳) RM273
次男(1歳) RM273

家族4名合計でRM1,212 概算で3万円

メディカルチェック

4名でRM240、概算で1万円

MM2H手続き&家探し渡航代

MM2Hの仮承認がおりたあと、現地マレーシアに行きMM2H取得の手続きを行うのと家を探すのにかかった費用。

このタイミングでは2週間だけマレーシアに滞在し、引越しはまた改めて2ヶ月後に実施しました。

不動産探しコーディネート&生活オリエンテーション

ビザ仲介業者が開催しているサービスを利用。

3万円

航空券

成田〜クアラルンプール往復(マレーシア航空) 18万円

※大人2名、子供1名(乳児1名無料)

ホテル代

キッチンや洗濯機がある長期滞在者向けのホテルを2週間 27万円

※PARKROYAL Serviced Suites Kuala Lumpur です。

食費

3万円

細かい計算はしてないけど2週間の概算で。

現地携帯電話用SIM

5,000円

夫婦ともにSIMフリーのiPhoneを持っているので、プリペイドのSIMカードを2枚購入し

データプランを購入して使いました。CelcomのXPAXというブランドです。

SIMカード自体は1枚数百円程度で、データプランは30日1,300円ほど

回線維持のために1日RM1(28円)かかりますが、概算で5,000円としておきます。

ちなみに1年以上経った今もこのときにかったSIMカードを使っています。

交通費

主にタクシー代 1万円

移動はタクシーがメインで、たまにMRT(電車)を使いましたが、MRTはめちゃくちゃ安いので省略。

この頃はまだ配車アプリはあまり使っておらず、普通のメーターを主に使っていました。

流しのタクシーはこわいので、ホテルやモールのタクシープールにいるちょっと高い青いタクシーを使っていました。

住居

家賃相場はエリアと広さ(間取り)で大きく変わりますが、

日本人が多く住みやすいエリアでファミリー向けコンドミニアムに

住むのであれば RM3,000 〜 RM5,000(8万4千円〜14万円)くらいがだいたい平均的かなと思います。

もちろんこれより安い部屋や高い部屋もあります。

前家賃 1ヶ月分 12万円
デポジット 2.5ヶ月分 29万円
仲介料 12万円
その他諸費用 2万円

初期費用は合計55万円

引越し代

もともと住んでいたのは賃貸戸建てで、マレーシアへはなるべく荷物を少なく、大きな家具・家電は実家にあげる

大切なアルバムや書類も実家に送って保管する、というスタンスで引越し荷物の行き先を2つに送りました。

国内の引越しは過去10回ほど経験していましたが、いずれも近距離でした。

今回、実家行きの引越しは2日がかりの長距離で、かかる料金がとても高いのにおどろきました。

マレーシア行きの引越し

宅配大手Y社 海外引越 13万円
EMSで送った分 9万円

合計22万円

実家行きの引越し

引越し大手A社 東京→信越エリア 27万円

マレーシア渡航&初期費用

MM2H手続き&家探し渡航から2ヶ月後、日本側の家を片付けてからマレーシアに渡航した際の費用です。

航空券が片道なのと、賃貸した部屋が家具付きなのですが、住み始めるのに最低限必要な家具・家電は揃える必要がありました。

航空券

成田〜クアラルンプール片道(マレーシア航空) 11万円

大人2名、子供1名(乳児1名無料)

日系の航空会社では片道で航空券を買うとめちゃくちゃ高くなってしまうので、マレーシア航空を選択

家電類

掃除機、扇風機4台、空気清浄機、ドライヤー、PCディスプレイ、プリンターなど 合計16万円

家具類

本棚、収納棚など少々(IKEA) 合計5万円

日用品

食器、浄水器、洗濯関連、雑貨、他 合計6万円

費用一覧まとめ

上記の費用を一覧にするとこんな感じです。

分類 費目 金額 備考
ビザ取得 ビザ取得代行業者への支払い 22万円
ビザ申請諸費 3万円
MM2Hビザ発給実費 11万円
銀行口座開設 841万円 定期預金は払ったといっても自分の銀行口座に入るだけです
医療保険 3万円
メディカルチェック 1万円
MM2H手続き&家探し渡航代 不動産探しコーディネート&生活オリエンテーション 3万円
航空券 18万円 家族4名、成田〜クアラルンプール往復
ホテル代 27万円
食費 3万円
現地携帯電話用SIM 5千円
交通費 1万円
住居 初期費用 55万円
引越し代 マレーシア行きの引越し 22万円
実家行きの引越し 27万円
マレーシア渡航&初期費用 航空券 11万円 家族4名、成田〜クアラルンプール片道
家電類 16万円
家具類 5万円
日用品 6万円
合計 1,075万5千円

(RM1=28円で計算)

節約できるポイントは?

いやあ、当時は慌ただしく言われたことをこなして払ってきましたが

あらためてまとめてみたら結構かかってますね(笑)

MM2Hのための定期預金口座が大きく節約しようがありませんが、

今考えると節約できたかもしれない費用は以下の通りです。

航空券、ホテル

金額の大きな航空券とホテル代は節約できるところかと思います。

わが家は5歳と1歳の子連れだったので航空会社はLCCはつらいかなと思って避けました。

手続き&家探しの滞在ホテルは洗濯を部屋で毎日したかったので高めになっています。

家具・家電

家具についてはすべてIKEAで購入したので高くないものです。

家電についてはマレーシアでは様々なメーカーの家電が売っている中、信頼できる日本メーカーのものを買ったのでやや高めになっています。

中国製やマレーシア製の家電を選べば安く抑えられるものもあります。

家賃

これも移住初期費用だけでみたらたいした金額ではないですが、生活をしていく中では高額な固定費になります。

そして、住むエリア、間取りで大きく変動する費用なので十分に調べて決めるのがいいでしょう。

タクシー代

移住準備、初期費用だけでみたらたいした金額にはなりませんが、タクシー代については

移住後の生活でもたくさん利用するので、配車アプリのGrabは早々に使いこなせるようにするといいでしょう。

 

最後に、わたしがマレーシア移住について調べていた際、とても参考にさせていただいた本を紹介しておきます。

 

それでは今日はこんなところで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SNS

Twitterをフォロー

Facebookをフォロー

アメブロでフォロー

ランキングに参加しています!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村